トイレの水漏れが起きたときに

トイレの水漏れが起きたときに どんな場所でも水漏れが発生すると、大きな問題となってしまいます。特にトイレの水が漏れる事態を考えてみると、その被害が理解できるでしょう。トイレという性格上、汚水が漏れてくれば、衛生環境としても問題が出ます。どの水が漏れても大きな問題になるのは間違いありません。
トイレの水漏れは、どんなことが原因で起きるのかを理解しておかなければいけません。いざというときに対応も遅れるからです。なにか異変があったときには、すぐに修理が必要になるため、しっかりと理解しておかなければいけません。

■水漏れの被害が大きくなりやすいトイレのタンク

トイレの水漏れが起きる原因には、いくつかの種類があります。主な原因になるのは、パーツの劣化です。各所にいろいろなパーツが使われていますが、時間とともに劣化します。水の中に使っているパーツは特に劣化を考えなければいけません。異常が出た時には、素早く交換を考えるべき部分です。
給水管から水の供給を受けるトイレのタンクには、大量の水を貯えます。タンクから便器に水を流す部分の部品が劣化すれば、水が止まらなくなる恐れがあります。タンクなどに使われているパッキンもありますし、フロート弁やボールタップも劣化すれば故障の原因になります。タンクの中をのぞき、定期的にチェックしてみることが必要でしょう。

■水漏れが起きた原因はなにか
トイレの水漏れには、必ず原因がありますが、なかなかわかりにくい場合があります。水が漏れる以上、何もないところから漏れることはありません。水が漏れだしてきているときには、まずはトイレの止水栓を締めます。止水栓を締めてもタンクへの給水が止まらず、水漏れが続いているのであれば、止水栓より前に問題があるでしょう。止水栓自体に問題があることも出てきます。この場合には、元栓を締めて対応しなければいけません。
トイレ側に問題があるなら、タンクから便器へ流れる水が問題なのか、排水が問題なのかを切り分ける必要があります。原因がわかれば、次の対応も見えてくるでしょう。自分で判断が難しいのなら、専門業者に点検して修理してもらうことが必要です。原因によっては、トイレの交換も必要になります。

■被害の拡大を食い止め、流れた水を処理する

どんなトラブルでも、対応として重要なのは、被害を拡大させないことです。被害を食い止めれば、次の対応も落ち着いてできるでしょう。そのためには、原因に対して素早く対処していかなければいけません。
自分で対応できないのであれば、専門業者に依頼しなければいけません。止水栓を締めるといったことはできても、修理はそうそうできるわけではないからです。修理を依頼するときも、止水栓を締めてしまえば、これ以上被害が大きくなることはありません。この間に流れてしまった水を処理するなどの対応ができるでしょう。落ち着いて対処し、被害が広がらないようにするためにも、事前に止水栓の位置は調べておく必要があります。どんな工具を必要とするのかも確認しておくといいでしょう。長い間操作していなければ、固着している可能性があるため、止水栓をまわしてみるのも大切です。

■まとめ
トイレの水漏れは、とにかく被害が拡大しやすいトラブルです。対応も知らなければ、大惨事になるでしょう。原因に対してどういった対策を取るのか、平時から考えておかなければいけません。修理ができる業者を見つけておくのも、トラブルが起きる前におこなっておくべきことです。いつトラブルが発生するのか、予見するのは大変難しい問題です。だからこそ、どういったことが起きるのか、対応するために知識に持ち、パニックにならないようにしなければいけません。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース